シミ対策とほうれい線対策で気を遣っていること

私たちの美容法は間違っていることが多い!?

シミ対策とほうれい線対策で気を遣っていること

年齢を重ねて、肌の変化を強く感じることがあります。
シミが増えてきたり、ほうれい線が出現したことです。

シミに関しては、病院に行ったわけではないので、肝斑なのか、それ以外の
シミなのかは、よく分かりません。
病院に行くほどではないかなと思えるけれど、目立つ小さなシミが数個
できてしまいました。

そこで、日々の肌の美容法として、トラネキサム酸入りの化粧水や
美容液を使って保湿するようにしています。
資生堂のアクアレーベルの青の美白ラインの化粧水と、三共ヘルスケアの
トランシーノ薬用のホワイトニングクリアローションを使っています。

資生堂のアクアレーベルの美白ラインは、量が多いのに千円くらいで
購入できて、トラネキサム酸が入っていることに魅力を感じて購入しました。
アクアレーベルの化粧水を使ってから半年くらい経ちましたが、シミが
一つ薄くなっているのに気が付きました。

アクアレーベルを使ってからは、新しいシミができていないことにも
気が付きました。シミ対策として、トラネキサム酸入りの化粧品は、人にも
よるかもしれませんが、私にはとても相性の良いシミ対策化粧品だと思いました。

アクアレーベルで、シミ対策にトラネキサム酸入りの化粧品が
相性がいいことに気がついてからは、シミ対策として、常に
トラネキサム酸入りの基礎化粧品を使うように、気を遣っています。

三共ヘルスケアのホワイトクリアローションは、まだ、使って一カ月ですが、
以前より顔全体が明るくなったように感じます。
これからも、シミ対策として、必ずトラネキサム酸入りの化粧品を
使い続けようと思っています。

ほうれい線対策ですが、ほうれい線には、超音波美顔器を
使うように気を遣っています。ただ、飲酒したときは、超音波美顔器は
使用できません。また、連続して毎日使うこともできません。
そこでその合間のほうれい線対策として、私は、アユーラのビカッサプレート
でフェイスラインを流すようにマッサージしています。

ビカッサプレートで流すと、一日ほうれい線が目立たずに
過ごすことができます。